子供の便秘を軽くみてはいけない

  

子供が熱を出したり、嘔吐や咳をしていたら大抵は病気を疑って用心したり医者にかかったりしますね。

トイレに座る幼児でも、子供が便秘だからといってそこまで心配する親御さんは多くないかもしれません。

子ども自身がうんちが出なくて苦しそうにしているなら別ですが、そうでないなら毎日排便をしているかどうかさえ把握していないことが多いかもしれません。

実は便秘は万病の元

便秘はすぐには体への影響がみえないので、つい軽く考えてしまいがちですが子供の健康にはダメージを与えています。

なぜなら便秘が続くことで子供の免疫力が低下するためです。

うんちをつくっている体の器官は大腸ですが、大腸の中にはたくさんの腸内細菌が存在していることはご存知かもしれません。

その数はなんと100兆個!

この腸内菌には、健康に良い影響を与える善玉菌グループと悪い影響を与える悪玉菌グループ、そして状況に応じて善玉にも悪玉にもなる日和見菌グループの3つがあります。

3つの腸内細菌善玉菌グループの数が多くて優勢なときは、免疫力が高く保たれ、外部からの病原菌に強い抵抗力のある状態です。

ところが便秘になると排泄されるはずの腸の内容物がいつまでも体内に残り、体温で温められて腐敗していきます。

これは悪玉菌の増殖につながり、悪玉菌優位の腸内環境が出来上がってしまうのです。

悪玉菌が優位になりだすと、例の日和見菌も悪玉に変化しますから、ますます腸内は悪玉勢力の天下になります。

これは健康面では大きく2つの悪影響があります。

ひとつは免疫力が低下して風邪などの病気にかかりやすくなります。

善玉菌が生成する酸によって腸内が酸性に保たれていれば、多くの有害な菌の攻撃を防ぐことができますが、その防衛軍が減ることで外部からの攻撃を防げなくなるのです。

4つの腸また悪玉菌が増えるとますます便秘になりやすくなります。

善玉菌の生成する酸は腸の働きをよくする効果がありますが、その効果が弱まることでさらに便が出にくくなり、慢性的な便秘につながることがあるのです。

増えている子供の便秘

便秘というと成人した女性に多い悩みというイメージがありますが、子供の便秘も増加傾向にあるようです。

診察を受ける子供小児科医の多くは、以前に比べて排便の異常を訴える子が多くなったと感じているようです。

実際に全国の小児科の中には小児の便秘外来を設置したところもあるほど、今の子供たちにとって便秘はかなり深刻な問題なのです。

このように子供の排便異常が増えた背景には、生活習慣の変化が関係しているといわれています。

コンビニや24時間営業の店舗が増えたことで、子供の睡眠時間や食事の時間は不規則になり、栄養バランスも崩れます。

また家でするゲームやインターネットが楽しくて、体を動かさなくなったことも問題です。

ゲームをする子供さらにエアコンの効いた室内にいる時間が長くなるにつれて、体の体温調整機能もバランスが崩れ、これは排便機能と大きく関係する自律神経の調子を狂わせます。

そして、学校に通う子で多いのは学校で排便するのを嫌がって、トイレに行くのを我慢するということです。

我慢が続くと、やがて便意は消失していきます。

その結果、排便のリズムも狂いますし、うんちは腸内で固まってカチカチになります。

カチカチになった便がついに出なくなって救急車で運ばれる人もいるということですから、これは怖いことです。

排便リズムと腸内環境を整えて慢性化を防ぐ

子供の便秘を防ぎ、また改善するためには排便リズムと腸内環境がカギとなります。子供の便秘の原因

前に述べましたように、排便は自律神経と深い関係があります。

自律神経は人間が生きていくのに必要な活動をコントロールしており、排便もそのひとつです。

歯を磨く子供自律神経は自分の意思とは無関係に働き、一日や一年という単位でリズムに従って動く性質があります。

ですから、毎日順調に排便が行なわれるためには自律神経が働きやすいように生活のリズムをつけてあげるということがとても大切というわけです。

これには毎日決まった時間にトイレに座るということも含まれますし、それだけでなく睡眠時間や食事の時間なども規則正しさを心がけることが必要です。

そうすることで自律神経も工場の機械のようにリズムをもって的確に生命維持に必要な活動を行なってくれます。

もうひとつは、善玉菌を増やすことで腸内環境を整えることです。

善玉菌が増えるほど腸内は酸性になり、腸の働きは良くなります。

善玉菌を増やすには発酵食品を毎日食べるとよいようです。

キムチや納豆や味噌、漬物などはお勧めです。

フルーツヨーグルトまた乳幼児であれば、ヨーグルトやオリゴ糖などが食べやすいでしょう。

いずれも善玉菌を活発にし、増やす効果があります。

またウンチの元となる食物繊維を野菜などから定期的に摂取することもとても大切です。

 

  

肥満の子供の生活習慣で気をつけること

  

肥満の子供が気をつけなければいけないのは、おやつもありますが夜食の問題です。
成長期ですからお腹が空いてしまうのも仕方ありません。
ただしそこで食事をしてしまえば過食になってしまいます。
ローカロリーにすれば大丈夫だと思っている人もいるでしょう。
しかしながら胃を休める機会が減ってしまいますので、胃などの内臓も疲れてしまいます。
内臓が疲れてしまうと消費カロリーも減ってしまいますから、太ってしまう事への悪循環になるでしょう。
夜食はしないように気をつけて、どうしてもお腹がすいてしまう場合はコンニャクなどのゼロカロリー食を摂取します。
ただしその夜食習慣が少なくなるようにしていき、最終的には夜食を食べなくても良い状態にするのが良いでしょう。
他にも脂っこい食事や甘い食事は良く好んで食べる傾向にありますが、高カロリー食の傾向がありますので注意して下さい。
問題になってくるのは、糖質と炭水化物の摂取です。
炭水化物は、分解されるとブドウ糖と言う糖質に変化し、エネルギー消費に備えているのですが、消費されないと脂肪として蓄積されてしまいます。
一度蓄積されるとなかなか落ちませんので注意しましょう。
糖質が血液中から少なくなると脂質を消費し始めますので、糖質を抑えない限りは体重が減っていかないという問題点もあります。
脂質はある程度は摂取しなければいけません。
ただし摂りすぎれば蓄積されるので注意して下さい。
しかしすべてがゼロには出来ません。
脂肪を落とす場合は、少しづつやって行き、無理のない計画で行なう事が大切です。

 

  

乳児アトピー性皮膚炎の対策について

  

乳児アトピー性皮膚炎は二ヶ月に渡り、症状が出ますし、再発もしやすいです。
アトピーの原因として、アレルゲンとの接触、体内に取り入れてしまうことがまずあります。
その他に皮膚への刺激やストレス、寝不足なども要因としてありますので、総合的な生活環境が要因となっています。

アトピー性皮膚炎は、アレルゲンの特定を行い、除去していくと同時に環境の改善を行います。
現在の環境で過ごした結果、アトピー性皮膚炎になってしまったわけですし、見直しが重要なのです。
その際、正しいスキンケアを行い、皮膚を清潔にしていきます。
同時に薬で症状を抑える事に努めることで、治療されていきます。

これらの対応で大抵のアトピーは改善されていきますが、その後も注意が必要になります。
アトピーは再発する病気で、繰り返し起きてしまうのです。
乳児の後、成人になってから起こることもありますので、注意が必要ですね。
さて、乳児アトピー性皮膚炎ですが、この乳児の頃は特に肌が敏感です。
まだ皮膚も未発達ですので、きちんとしたケア、対応が必要なのです。

完治したからとはいえ、その対応をやめてしまうと再発する可能性があります。
子供は成長していきますので、成長し皮膚が丈夫になればそういった対応は不要になりますが、それまでは要注意となります。
また食べ物がアレルゲンの場合は、その後も継続した対応が必要になっていきます。
食べ物のアレルゲン表示もよく出ていますので、表示などにも注意が必要ですね。

 

  

アトピーとアレルギーの違いは?

  

アトピーはアレルギー反応によって起こる症状の一つです。
アトピーでは痒みを伴う皮膚の湿疹が繰り返し起きます。
アレルギー性物質や食べ物が原因で起こる病気ですので、アトピーとアレルギーは同じと思われがちですが、内容は違います。
アレルギーは検査により起こる反応の事を言います。
人によってアレルゲンは異なり、ダニなどのハウスダストも原因の一つとなりますね。
また、アレルギーによる症状も人によって異なります。
気管支喘息や鼻炎、花粉症など症状は多くありますよね。

ただ医師によっても、小児科の医師はその多さ故に食物アレルギーならアトピーとする傾向があるようです。
逆に皮膚科の医師からでは、ダニやカビなど環境で吸い込むものをアレルゲンと捉えやすいです。
これはその医師にかかる病気の多さや、視点が違うから起こる現象でしょう。

また、アトピーの原因はアレルゲンだけではありません。
汗や衣類による摩擦や、本来の乾燥肌といった体質も影響があります。
寝不足や過労、ストレスもアトピーの原因になります。
アレルゲンを除去することは、アトピーの治療方法として良い方法ではありますが、それだけではないのです。
その為、アトピーとアレルギーを同じと考えるのは無理があります。
その為、症状としてはアトピーはアレルギー反応による病気の一種であると言えますが、別のものと考えるべきでしょう。
アトピーはアレルギーだけではなく、他の視点から見ることも必要な病気なのです。

  

このページの先頭へ