アトピーとアレルギーの違いは?

アトピーはアレルギー反応によって起こる症状の一つです。
アトピーでは痒みを伴う皮膚の湿疹が繰り返し起きます。
アレルギー性物質や食べ物が原因で起こる病気ですので、アトピーとアレルギーは同じと思われがちですが、内容は違います。
アレルギーは検査により起こる反応の事を言います。
人によってアレルゲンは異なり、ダニなどのハウスダストも原因の一つとなりますね。
また、アレルギーによる症状も人によって異なります。
気管支喘息や鼻炎、花粉症など症状は多くありますよね。

ただ医師によっても、小児科の医師はその多さ故に食物アレルギーならアトピーとする傾向があるようです。
逆に皮膚科の医師からでは、ダニやカビなど環境で吸い込むものをアレルゲンと捉えやすいです。
これはその医師にかかる病気の多さや、視点が違うから起こる現象でしょう。

また、アトピーの原因はアレルゲンだけではありません。
汗や衣類による摩擦や、本来の乾燥肌といった体質も影響があります。
寝不足や過労、ストレスもアトピーの原因になります。
アレルゲンを除去することは、アトピーの治療方法として良い方法ではありますが、それだけではないのです。
その為、アトピーとアレルギーを同じと考えるのは無理があります。
その為、症状としてはアトピーはアレルギー反応による病気の一種であると言えますが、別のものと考えるべきでしょう。
アトピーはアレルギーだけではなく、他の視点から見ることも必要な病気なのです。

コメントを残す

このページの先頭へ