小児喘息の症状を改善させよう

子供の病気にも多くの種類がありますが、そのひとつに小児喘息があげられます。

激しく咳が出ますので夜があまり眠れなかったり、咳で体力を消耗してしまうなど体の小さいお子さんにとてはつらい症状と言えます。

まずはその原因を知っておきたいですが、アレルギーが原因しているといわれています。ダニやほこり、ペットの毛、食べ物、排気ガス、花粉など様々な原因が考えられます。

症状を楽にしてあげるためにも原因となっているものはできるだけ取り除いてあげたいものです。

私の知人のお子さんも小児喘息があるのですが、両親は忙しさもあり、家の掃除もあまりしていないようです。そのうえに猫やハムスターといったペットを飼っていますので、症状を悪化させる原因となっているようです。

時々訪れるお姑さんが部屋の掃除などを行っているようですが、やはりきれいにしていると症状はかなり楽になるようです。

仕事で忙しいと家事が大変なのはわかりますが、せめて子供の部屋やベッド周りだけでもいつでも清潔な状態に保ってあげれば良いのにと他人事ながら思ってしまいます。

特に症状は夜に出やすいとされていますが、ベッドで体が温まるうえに寝具についたほこりやダニを吸い込みますので発作が起きやすい環境が整っているといえるでしょう。

それゆえに寝具はいつもきれいにしてあげたいですし、姿勢を変えてみるなどで楽になる工夫はしてあげたいものです。

薬は治療に役立ってくれますが、それだけに頼らず、症状が起きにくい環境を作ってあげたいですね。

コメントを残す

このページの先頭へ