気になる赤ちゃんのアトピー

子育てを行っている方にとって、気をつけておきたい点がいくつかあります。
特に、病気などの症状が現れたときには、その症状の特徴や気をつけるべき点、治療方法などを把握しておきましょう。
例えば、赤ちゃんの場合、アトピーと言う病気があります。
この病気は、基本的に生後4ヶ月以降に症状が現れるといわれている病気です。
具体的な症状は、ある日耳たぶの裏や関節などの皮膚が切れます。
皮膚が切れることにより、ぐしゅぐしゅになってしまうのが特徴です。
さらに、頬などには赤い湿疹ができてしまったり、身体に円形の湿疹がでます。
ただし、幼児期に湿疹ができてしまい、ひどい状態ではなくても、アトピーと勘違いしてしまう方もいるので注意が必要です。
ただの湿疹は、乳児湿疹と言われているもので、ほとんどのお子様が経験する症状となっています。
心配な湿疹があるのなら、かかりつけの小児科医へ相談しましょう。
この症状が現れる原因ですが、はっきりとした原因は不明です。
まだまだ研究が必要な病気の一つとなっています。
しかし、体質が原因ではないかと言うことなので、体質改善などを行ってみたり、症状が出てしまった場合、正しい治療を心がけることが重要です。
正しい治療を行うのなら、専門医への受診は必要となります。
一般的な小児科医などでも治療はできますが、専門医のほうがより適切な治療を受けることができるでしょう。
痛みやかゆみが出るので、なるべく症状を軽減できるように生活環境を整えるのも大切です。

コメントを残す

このページの先頭へ