野菜と健康のつながり

海外で生活している方々や外国人の方よりも、日本人というのは積極的に野菜をとるという習慣が昔よりも減ってきているように感じます。
その原因としては、ファーストフードの食事が増えたり、不規則な生活でコンビニのお弁当しか食べないという若い方が多いからでしょう。
自分でスーパーでサラダを買って食べるだけでも、だいぶ違うと思いますが、なかなか習慣付けるのは難しいのかもしれませんね。
しかし、健康のことを考えるときちんとバランスを考える必要があります。
便秘解消でしたり、血流改善でストレスからくるイライラを軽減させたり、お肌の調子を整えたりなど、とることによって改善できる体調のバランスがたくさんあります。
毎日決まった容量の野菜をきちんととらなければ、体調不良が続いてしまい、あらゆる面で出てきてしまいますので、とくに緑黄色野菜はキチンととらなければいけません。
サラダやスープなどの気軽にとれる方法から始めてみましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ