育児は何度もやり直せる

子供にイライラさせられるとき、もしかしたら子供にではなくうまく子育てできない自分にイライラしているのかもしれません。

「子育てに失敗したのでは」

「自分が間違っていたのでは」

「よその子はあんなにきちんとしているのに」

などと考えてしまうことが誰にでもあります。

でも、たとえ少し間違いがあったとしても「何度もやり直せる」という視点をもっておくだけで気持ちはずっと楽になります。

今日からだって自分も子供も変わっていくのです。

子供は幾つになっても自分を愛し、安心して頼れる人を必要としていますし、求めています。

親が子供にとってそのような存在であろうとする限り、やり直すチャンスは何度でも訪れるのではないでしょうか。

だから「失敗しているかもしれない。でもそれでいい。またやり直せばいい。そのためには何を行えるだろう。」と前向きな考えができるのです。

ただ自分を責めるばかりでは子供を愛せませんし、子供も頼ってくれないかもしれません。

間違ってもいいのです。

子供を愛している限り、何度でも起き上がれますし、やり直せます。

 

コメントを残す

このページの先頭へ